審美歯科・ホワイトニング

  • ホーム  >  
  • 審美歯科・ホワイトニング

esthe白く美しい歯に替えませんか?

白く美しい歯に替えませんか?

保険診療でむし歯治療を行うと銀歯を装着することがあります。比較的安価に機能回復ができますが、白い歯列の中で黒ずんで見えるのがデメリットといえます。また、見た目だけでなく金属アレルギーを引き起こすリスクも。セラミックを使った人工歯は自費診療ですが、機能性の回復はもちろん、自然な見た目を手に入れられます。

大阪府堺市西区草部・鳳の歯医者「さくら歯科おおとり院」では審美歯科素材を使ったむし歯治療をご提供しています。また天然歯を薬剤で白くするホワイトニングもご相談ください。

審美セラミック治療について

審美歯科とは

従来の歯科診療は、治療してしっかり噛めるようにするという機能性の回復に重点を置かれていました。もちろん、見た目の美しさも考慮されてはきましたが、それは歯1本1本の美しさを考えているに過ぎず、歯全体の健康や美しさを診る歯科診療はなされてきませんでした。

現在の審美歯科治療は、しっかり噛めるという機能性はもちろん、自然で美しい見た目を手に入れることができる治療です。歯1本1本の美しさだけでなく、歯全体のバランスや口元の調和までを考慮し、お口全体の健康や美しさをトータルで作り出すことに重点を置いています。歯の機能回復は大前提の上で、口元全体を美しく仕上げ、魅力的なほほえみを作り出すことができるのが、審美歯科治療なのです。

なぜ美しく治すのか? 美しい歯がもたらすメリット
メリットその1 魅力的なほほえみに見える!

顔を合わせた相手がニコッとほほえんだ瞬間、口元から白く美しい歯がのぞくと、とても魅力的に見え印象がアップするものです。逆に、口元からのぞく歯が変色していたり、ガタガタの歯並びだったりすると、印象が悪く見えてしまうことも。素敵なほほえみを演出する歯の美しさは、人と上手くコミュニケーションをとる上でとても重要になります。

審美歯科治療では、白い歯に変えたり、軽度の歯並びの乱れを整えたりすることができます。歯を美しく見せる審美歯科治療は、魅力的なほほえみを演出することができ、相手に好印象を与えます。特に、見た目の印象が大きな影響を及ぼす就職や仕事、恋愛・結婚などにおいては、美しい歯であることがよりよい結果をもたらすのです。

メリットその2 コンプレックスが解消される!

歯並びの乱れや歯の変色が気になり、「口を開けて笑うことをためらってしまう」「口元を手でおおって隠してしまう」という方がいます。また、口元を気にするあまり消極的な性格になってしまったり、周囲に暗い印象を与えてしまったりすることもあります。

審美歯科治療を受けることで、歯の見た目に対するコンプレックスが解消され、精神的な負担を取り除くことができます。また、コンプレックスが解消されることで、明るく前向きな気持ちでさまざまなことにチャレンジでき、内面にもプラスの影響を及ぼします。

メリットその3 全身の健康にもつながる!

歯がガタガタに並んでいたり、歯が欠けていたりすると、しっかり噛むことができません。しっかり噛むことができなければ、食べものを細かく噛み砕くことができず、消化器官にも負担をかけてしまいます。また、噛み合わせが悪いと左右バランスよく噛めず、一部の顎や歯に負担がかかって、顎の骨や姿勢に問題が生じてしまう場合もあるのです。

審美歯科治療で歯並びや噛み合わせを整えることで、上記のような問題を解消することができます。審美歯科治療は、口元の健康だけでなく全身の健康にもつながります。

目的に合わせて「自費診療」と「保険診療」を選べます

目的に合わせて「自費診療」と「保険診療」を選べます

歯科診療は大きく自費診療と保険診療に分けられ、費用負担が異なります。その大きな差は、保険診療には使用素材や作製方法に制限があり、自費診療にはさまざまな選択肢があることです。

保険診療は全国どこの歯科医院でも一定の診療が受けられます。機能回復を目的にしており、使用する素材や治療方法などが定められているため、患者様の費用負担は一部で済みます。しかし、自費診療には使用素材や治療法に制限がありません。比較的あたらしく開発された治療方法も選択可能です。見た目の美しさや咬み心地、耐久性や品質にこだわることができます。

保険と自費診療の素材の比較

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  保険診療 自費診療
治療内容 使用素材や作製方法に制限がありますが、比較的安価に機能回復できる治療です。 さまざまな素材や治療方法の選択ができます。患者様のこだわりの実現が可能です。
美しさ 機能回復に重点が置かれていて美しさにはあまり重きを置いていません。 天然歯に近い透明感や色調の再現が可能なセラミックなどの素材でつくるので、美しい歯に仕上がります。
耐久性 耐久性が望めない素材もありますが、その場合、修理や調整がしやすいことがほとんどです。 耐久性に優れた素材の選択が可能です。
治療費 健康保険が適用されるので、医療費負担が一部で済みます。経済的負担を抑えられます。 全額自己負担となり、比較的高額です。
自費診療素材をおすすめする理由
1:強度が高く自然な白さが長持ちする

1:強度が高く自然な白さが長持ちする

セラミックなどに代表される自費診療の素材は、保険診療の素材とくらべて強度が高く、汚れがつきにくいのが特徴です。きれいな状態が長持ちするためプラーク(歯垢)や歯石が付着しにくく、むし歯や歯周病の再発リスクを低く抑えられます。天然歯と同じ、または少しやわらかい素材を選択すればまわりの歯を傷つけません。

2:むし歯の再発リスクが低くなる

2:むし歯の再発リスクが低くなる

保険診療のむし歯治療で使用する銀歯の寿命は5年程度といわれています。それは銀歯を接着するセメントがだんだん劣化してすき間ができ、細菌が入って内部がむし歯になったり、外れたりするからです。セラミック素材の詰めものや被せものは、歯質にしっかり接着するうえ強度が高いので、むし歯の再発リスクが抑えられます。

3:金属アレルギーの心配がない

3:金属アレルギーの心配がない

お口の中の銀歯は経年により金属がイオン化して溶け出し、体内に取り込まれます。すると全身にかぶれや湿疹、かゆみなどの金属アレルギーの症状を引き起こす可能性があります。セラミック素材だけを使用し、金属不使用で人工歯をつくれば、金属アレルギーの心配がありません。

4:歯ぐきが変色しない

4:歯ぐきが変色しない

被せものや詰めものに金属を使用すると、経年により歯ぐきが下がった際に金属のラインが見えてしまうことがあります。差し歯(被せもの)による歯と歯ぐきの境目の黒ずみはなかなか元には戻りません。また金属が経年により溶け出すと、歯ぐきが色素沈着を起こすこともあるのです。

患者様が選択してください

自費診療の審美性を重視した素材にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。当院では患者様とのコミュニケーションを大切にして、お口の状態や治療法、治療素材などについて詳しく丁寧にご説明します。インフォームド・コンセント(説明と合意)にもとづき、患者様のご要望とお口の状態に合わせて保険・自費診療を問わず幅広く治療計画をご提案するので、分からないことは何でもお気軽にご相談ください。しっかりご理解・ご納得していただいたのち、治療方法を患者様にご選択いただきます。ご自身のご希望やご予算に合った治療法をお選びください。

審美歯科治療の種類

審美歯科治療は、大きく分けて「審美修復」「ホワイトニング(ブリーチ)」「歯のクリーニング(PMTC)」の3種類あります。それぞれ以下のような特徴があります。当院では、患者様の症状やご要望などをお伺いしたうえで、最適な治療方法をご提案しています。

審美修復

健康保険の範囲で使える金属や樹脂の詰めもの・被せものは、最低限の歯の機能を補うには十分ですが、見た目が悪い、変色や劣化などが起こり耐久性が劣るといった問題があります。そのような見た目や耐久性の問題を解消できるのが、審美修復です。

審美修復とは、セラミック素材などを用いて詰めもの・被せものの治療を行うことです。セラミック素材は、天然歯と同じような美しい見た目が得られ、耐久性が高いのが特徴です。セラミック素材の詰めもの・被せものにすることで、以下のようなさまざまなメリットがあります。

●審美修復のメリット
・天然歯のような透明感と白さのある美しい見た目になる
・金属のように歯ぐきが黒ずまない
・金属のようにアレルギーの心配がない
・プラークがつきにくい
・耐久性が高く長期使用できる

ホワイトニング(ブリーチ)

ワインやコーヒー、カレーなど色素が濃い飲食物やタバコのヤニ、加齢などが原因の歯の黄ばみを白くすることができる処置が、ホワイトニングです。ホワイトニングでは、薬剤を歯に塗布し、色素を分解することで歯を白くします。

当院では、最新のホワイトニングシステム「スーパーポリリンホワイトニングシステム」を導入しています。従来のホワイトニングでは、痛みが生じたり歯がシミたりといった症状が現れることがありましたが、スーパーポリリンホワイトニングシステムではそのような症状がでることはありません。歯にやさしいホワイトニングができますので、どうぞご安心ください。

歯のクリーニング(PMTC)

歯科医院で行う専門的な歯のクリーニングのことを、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といいます。歯科医師や歯科衛生士が特別な機材を使って歯と歯の隙間や歯周ポケット内のプラークをきれいに除去。仕上げに歯をツルツルに磨き上げます。

これにより、歯の黄ばみが取れて白くなる効果が期待でき、その他にもむし歯や歯周病が予防できる、口臭が改善するといったメリットが得られます。なお、歯のクリーニング専用に開発された機材を使用するため、痛みはありません。

さくら歯科おおとり院のホワイトニング

当院が導入しているのは、最新のホワイトニングシステム「スーパーポリリンホワイトニングシステム」です。分割ポリリン酸を使用した専用クリーナーで歯の汚れを除去した後、分割ポリリン酸配合の専用ホワイトニングジェルを歯に塗布して特殊な光を照射することで、歯を白くします。

スーパーポリリンホワイトニングのメカニズム

スーパーポリリンホワイトニングは、以下のメカニズムにより白く美しく健康な歯に仕上がります。定期的に受けることで健やかで美しい歯を保つことができます。

1.施術前

ステイン(黄ばみなどの着色汚れ)が歯の表面に付着している状態。

2.ステインや汚れを除去

分割ポリリン酸を歯に塗布することで、ステインや汚れを浮かせて落とし、表面をきれいにします。

3.ホワイトニング

歯の内側にポリリン酸が浸透し、白くなります。

4.コーティング

歯の表面をコーティングし、歯質を強化。ステインの再付着を防止します。

分割ポリリン酸Naとは

スーパーポリリンホワイトニングで使用する薬剤には、分割ポリリン酸が配合されています。この分割ポリリン酸には、歯面に付着した汚れを浮かせてはがす作用や、唾液中のカルシウムを抱え込み歯の再石灰化を促す作用があります。これにより、着色汚れを取り除き歯を白くできるだけでなく、ステインの再付着を防ぐ、歯質を強化しむし歯を予防するといった効果も期待できます。

スーパーポリリンホワイトニングのメリット

●痛みがない
歯にダメージを与えずにホワイトニングできるので、痛みが生じたりシミたりすることがありません。

●歯にやさしい
歯の表面をコーティングするので、歯を傷つけにくくなります。

●食事制限がない
従来のホワイトニングでは、施術直後は色の濃い食べものを控えなければいけませんが、スーパーポリリンホワイトニングは食事の制限がありません。色の濃いものでもご飲食いただけます。

●自然な白さに仕上がる
薬剤に配合されている炭素とプラチナナノコロイドの効果により、透明感のある自然な白さになります。

●白さが長持ちする
ステインを除去し、再付着を防ぐ効果があり、白さが長続きします。

●安心価格
どなたでも受けていただきやすい価格設定となっています。なお、費用については事前にお伝えします。

こんな方にオススメ
  • 人前に出ることが多い方
  • コーヒーや赤ワインが好きな方
  • 営業の仕事で印象を良くしたい方
  • 若々しく美しい口元になりたい方
  • 歯の黄ばみが気になる方
  • たばこなどで歯の汚れが気になる方
料金
お試しコース(2回照射)
6,000円(税別)
基本コース(3回照射)
8,000円(税別)
お子様歯質強化コース(2分照射)
1,000円(税別)
ホワイトニングQ&A
Q. 1回のホワイトニングで真っ白な歯になりますか?
A. ホワイトニングで得られる効果には個人差があるため、すべての方が1回で真っ白な歯になるとはかぎりません。歯の状態や生活習慣などによって、1回で白くなることもあれば、何度か行うこともあります。なお、神経がない歯や被せものの歯には効果がありません。
Q. ホワイトニングの効果はどのくらい続きますか?
A. 初めてホワイトニングをした方は、複数回ホワイトニングをしている方に比べて色戻りしやすい傾向があります。理想の白さを長持ちさせるには、繰り返しホワイトニングすることをオススメします。また、色の濃いものを好んで食べる方や喫煙する方は再着色しやすいため、白さが持続する期間は短めです。
Q. ホワイトニングは痛みがありますか?
A. 当院が導入しているスーパーポリリンホワイトニングは、歯にダメージを与えずにホワイトニングできるので、痛みが生じたりシミたりすることがありません。ただし、個人差はありますので、一時的に痛みが出る場合もあります。痛みはほぼ24時間以内に治り、歯には影響がありませんのでご安心ください。
Q. ホワイトニング直後、コーヒーなど着色の強いものを口にしても大丈夫ですか?
A. 従来のホワイトニングでは、施術後24時間の間に色の濃いものを口にすると着色する可能性があるため、色の濃い飲食物は控える必要があります。一方、当院が導入しているスーパーポリリンホワイトニングは施術直後でも着色の恐れがなく食事の制限がありません。色の濃いものでもご飲食いただけます。
Q. ホワイトニングは、誰でもできますか?
A. はい。以下のケースを除き、どなたでもお受けいただくことができます。
・エナメル質形成不全の方
・無カタラーゼの方
・妊娠中・授乳中の方
・18歳未満の方